タペタム(たぺたむ)

視神経円板の背側部の血管板と脈絡毛細血管板の間に存在する構造物。ネコの眼にはタペタムと呼ばれる層が網膜の下に備わっており、この層が光を反射するため、入射光と反射光の両方の光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることができる。

関連用語: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


関連記事

  • リンクス(りんくす) オオヤマネコの事。ギリシャ語の「光」に由来し、かすかな光でもよく見える視力の鋭さからイメージされたと言われている。観察眼の鋭さを「オオヤマネコの眼」と表現する英語もある。 […]
  • 鉤爪(かぎづめ) 哺乳類の爪の構造の一つで、根元から先にかけて割と強く湾曲した爪のこと。
  • 家畜化(かちくか) 野生動物を飼いならし、その繁殖を管理して有用な性質をもつ個体だけを選抜してゆくことで、人間の生活に役立てるために飼育する動物とすること。 […]
  • 金目銀目(きんめぎんめ) オッドアイのこと。片方が黄色、もうひとつの方は淡銀灰色あるいは淡青色の事を指して言う。 金目銀目の猫は縁起が良いと言われている。
  • イヌハッカ(いぬはっか) シソ科ネペタ属の多年草のこと。ネコが匂いを嗅ぐと、恍惚として身悶えるような反応をする。

瞬間動画

現在記事がありません。

瞬間つぶやき