鉤爪(かぎづめ)

哺乳類の爪の構造の一つで、根元から先にかけて割と強く湾曲した爪のこと。

関連用語: , , , , , , , , ,


関連記事

  • タペタム(たぺたむ) 視神経円板の背側部の血管板と脈絡毛細血管板の間に存在する構造物。ネコの眼にはタペタムと呼ばれる層が網膜の下に備わっており、この層が光を反射するため、入射光と反射光の両方の光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることができる。 […]
  • 家畜化(かちくか) 野生動物を飼いならし、その繁殖を管理して有用な性質をもつ個体だけを選抜してゆくことで、人間の生活に役立てるために飼育する動物とすること。 […]
  • 血洞毛(けつどうもう) 哺乳類の、主に口吻にある、毛状の感覚器官。参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E6%AF%9B
  • トーティ・アンド・ホワイト(とーとぃ・あんど・ほわいと) 三毛猫のこと。3色の毛が生えている猫の総称。
  • サバトラ(さばとら) 青みがかったグレーに黒い縞模様。縞模様が背骨に対して垂直に伸びていてサバの模様に似ている猫のこと。

瞬間動画

現在記事がありません。

瞬間つぶやき