イリオモテヤマネコ(いりおもてやまねこ)

世界中で、沖縄県八重山諸島の西表島だけに分布するネコ科の動物である。特別天然記念物として保護されているが、生息数は100頭以下と少なく、絶滅の危機が高まっている。絶滅危惧IA類に指定されている。

関連用語: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


関連記事

  • またたび(またたび) 「ねこにまたたび」は有名な言葉。マタタビの葉、茎、実に含まれている揮発性のマタタビラクトンとアクチニジンという物質が、猫の神経を刺激するようです。嗅がせると、なめる、噛む、頭をこすり付ける、体をくねらせ転がる、よだれを垂らして恍惚状態になる。ネコ科の動物に有効。 […]
  • イヌハッカ(いぬはっか) シソ科ネペタ属の多年草のこと。ネコが匂いを嗅ぐと、恍惚として身悶えるような反応をする。
  • ヤマネコ(やまねこ) ネコ目(食肉目)ネコ科に属する哺乳動物のグループ。広い意味では野生のネコ科動物のうち、小型のもの全般を指し、野生化したイエネコは入らない。 […]
  • マンクス(まんくす) イギリスのアイリッシュ海に浮かぶ孤島で自然発生した尻尾の無い猫。世界に知られるようになったのはマン島のブリーダーが積極的に広めて来たから。 […]
  • オッドアイ(おっどあい) 左右で瞳の色が違う人や動物を指す。オッドアイ自体は殆どの動物に起こる可能性があるが、中でもネコに多くみられる。

瞬間動画

現在記事がありません。

瞬間つぶやき